情報おまとめサイト

効果を得るためにおすすめなウォーキング時間と歩き方

      2016/06/26

ウォーキングは誰にでも始めやすいお勧めの運動法です。

足に負担がかからないような
シューズさえ準備すればすぐに始めることができます。

毎日の通勤に取り入れていも良いですし、
早朝の澄んだ空気の中でも、
夜のストレス発散でも自分に合った時間帯で取り入れることができます。

スポンサードリンク


効果を得るためにおすすめなウォーキング

ウォーキングはその名の通り、歩くという運動法です。

単純にぶらぶらと歩くというよりは、
少し息が上がる程度で運動していることを
感じられるような歩き方が良いでしょう。

早歩きを推奨する意見もありますが、
早歩きを意識しすぎると
脚に負担がかかり怪我の原因となることがあります。

早歩きというよりも、
歩幅を大きくとって歩くことを意識しましょう。


ダイエットを目的としたウォーキング

ダイエットを目的としたウォーキングではその効果を高めるために、
有酸素運動としての歩き方や腕を振るなどの
全身運動を意識した歩き方がおすすめです。

カロリー消費を高めたり、
脂肪燃焼などの効果を期待するあまり
長時間歩くことは長続きしないと断言できます。

仕事や家事など日常生活と同時進行で
運動に取り組むわたしたちにとっては
苦しい運動を続けることは非常に難しく、
これが仕事であるアスリートとは話が違うのです。

どのようなダイエット指南書にもあるように、
継続することに意味があるのは実証済みですから、
無理なくできるだけ自分にとって楽しめる要素が
含まれた運動を取り入れることが成功への鍵なのです。


ダイエットを目的としないウォーキング

ダイエットを目的とせず
健康維持のためにウォーキングを取り入れている方にとっても、
続けることの大切は目的達成の大きなポイントとなります。

人間は飽きっぽいという特徴もあります。

人によっては反対に毎日同じことを繰り返すことで
安心感を得られる場合もありますが、
ほとんどの方は新しいものに興味をひかれたり、
楽しさを見出すではないでしょうか。


ウォーキングについてもこれは同じです。

毎日同じ時間帯に同じルートを歩くことは
次第に苦痛に感じてしまう可能性も高い
のです。

通勤などでウォーキングを取り入れることもおすすめですが、
同じルートを選択すると飽きてしまいます。

少しずつルートを変えてみたり、
少し遠回りして寄り道を楽しんだり
変化をつけるように心がけてみましょう。



また、継続は力なりとは言っても、
足に痛みが出てしまったときや気分がのらないときは
無理に行う必要はありません。

そのような場合は必ずお休みして交通機関を利用することをおすすめします。

ウェアやシューズなどについても気分があがるものを身に着けて、
楽しみながら続けられるようにしましょう。

スポンサードリンク

 - レジャー , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

efb0b2833da558032c1f26937137f8be_s
和歌山県のアドベンチャーワールドの平日の攻略方法

和歌山県内の大人気スポットとして 白浜アドベンチャーワールドがあります。 スポン …

59cceba3b27214ea6008440f5aad8559_s
マダニ対策に虫除けスプレーを

ハイキングや登山などで山に行くときや 公園などで遊んでいるとき、 農作業や庭作業 …