情報おまとめサイト

高カカオチョコレートは体にいいの?効果や効能と注意点を知ろう

   

ブームになっている高カカオチョコレート、
健康や美容に良いと聞いて
積極的に食べている人は多いですが


実際のところ、どういった効果や効能があるのか
はっきりと理解している人は少ないかもしれません。


そもそも
高カカオチョコレートの定義はどうなっているのか、
チョコレートについて簡単に説明すると、
原料はカカオマス、砂糖、ココアバター、
粉乳といったものを混ぜ合わせてできています。

そして高カカオチョコレートとは
一般的にカカオマスを70パーセント以上使っているものをさして、
体や美容に良い成分はこのカカオマスに入っています。


スポンサードリンク


カカオマスの健康成分

そして
このカカオマスに役立つ成分が含まれていて、

抗酸化物質である
カカオポリフェノールが重要になり、
老化防止作用があって
アンチエイジングに役立ちます。

他にもカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などが含まれています。

特に重要視されるのがカカオポリフェノールで、
動脈硬化を防ぐ、ガン予防、アレルギーやリウマチ対策、

認知症予防などの効果があるので
積極的に摂取することが推奨されています。

ただ注意点もあって、
カカオマスはどのチョコレートにも含まれていますが、

やはり健康や美容に役立てるのなら
カカオマスの配分量が多くなっている
高カカオチョコレートを摂取する必要があります。


もっとも体に良い効能が含まれているといっても、
チョコレートには違いがなく、
カロリーは一般的なチョコレートと変わらないどころか、
カロリーや脂質が高いのが特徴です。



食べ過ぎは危険、ほどほどに

だから体にいい、美容のためといっても
食べ過ぎては意味がありません。


また他にも注意点があって、
カカオマスの中にはテオブロミンや
カフェインといった成分も含まれていて、

リラックスや脂肪燃焼といった働きをしますが、
これらの成分はコーヒーや紅茶、
ココアや緑茶といった飲み物にも多く含まれています。


場合によっては摂り過ぎになってしまい、
利尿作用や興奮作用を高めてしまう危険があるのです。

特に幼児や妊婦は注意が必要になってきて、
乳児死亡や流産のリスクが上がるという研究報告もあります。

そして食べ方も重要になってきて、
抗酸化作用のあるポリフェノールは
食べてから数時間以内しか効きませんので、

1日にまとめて食べるのではなく、
何度かに分けて食べるのがポイントです。


ひとかけらでも十分に効果がありますので、
食べ過ぎることなく、
必要量を守ることが必要になります。

しっかりと注意点を守って、
正しく食べることが大事なポイントです。

スポンサードリンク

 - 健康, 色々な疑問 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

3574c13e5c9a7f4047de8d83c650a913_s
子供の授業参観では母親の服装も要注意!

今年入学式を迎えた新一年生は、 地域にもよりますが多くの学校で6月頃までには授業 …

161021
ものもらいの症状とは?その原因と治し方

ものもらいとは、目の病気です。 しかし、ものもらいという言葉や 目の病気だという …

sport_walking_woman
汗をかきにくい原因は何だ?体質を改善すれば直るの?

すぐにたくさんの汗をかいてしまい、 これが悩みだという人もいれば 反対に暑くても …

bbe4bc3151ead70a1b4664e1b6070e14_s
猫背で悩んでいる人必見!簡単ストレッチで治す方法

パソコンやスマートフォンの 画面を見るとき、物書きを するとき、首から顔が前に出 …

f0262e0cc1a6ca048e3cb34a1c1f366a_s
車のエアコンの気になる臭い

車を使用することが多く、 またエアコンを一年中使っている方。 そのような方たちの …

himan02_girl
小学生の肥満解消に良い食事や運動

この数年、以前に比べると 小学生で肥満に悩むというケースが増えてきています。 和 …

5d22699e4bfb6000eeb6d1a828df19f0_s
フライパンの焦げ、落とし方知ってる?テフロン製の正しい方法はこれ

食事を作る際には 毎日のように使用するフライパン。 近年ではテフロン加工が 施さ …

d9a11a92b519a59d3a0cac9177a3173c_s
部屋の湿気対策のやり方

湿気が部屋にこもってしまうと カビが発生し易くなったり、 ジメジメとして過ごし難 …

517091
紫外線アレルギーは突然発症することもある!対策法は?

環境汚染によってオゾン層の破壊が進み、 紫外線の強さが年々増しているといわれます …

356623
梅雨だけ?食中毒の危険はこんなときにもある!

梅雨の頃に、 注意喚起が促される食中毒。 じめじめと湿気が多い時期に 細菌が繁殖 …