情報おまとめサイト

梅雨の時期は体調を崩しやすい。健康管理には何を気を付けるべきなのか。

      2016/05/16

梅雨時の健康管理について

この時期は、寒暖の差が大きく、
湿度の上昇に伴って、気分もイ ライラ・湿りがちです。

 
高温多湿によるカビ・ダニ、細菌の繁殖。
その ための皮膚疾患や細菌の繁殖による食中毒も多くなります。
気圧の 変化のためか関節痛を訴える人も増えてきます。
一年のうちでも体 調を崩し易い時期と言われています。

 
そこで今月は、梅雨の時 期の健康管理について考えてみたいと思います。
梅雨の時期は体調を崩しやすいです。
健康管理には何を気を付けるべきなのでしょうか。


 

スポンサードリンク



 

体調管理


 
梅雨の時期には、湿気が高いことや日ごとに
気温差も生じること が多いので、体温調節がうまくできなくなります。
このため、抵抗 力が落ちて風邪をひきやすくなったり、
手足のだるさを感じること が多くなり、次第に全身のだるさや疲労感を感じ、
さらに気分も沈 みこみがちになる人が多くなります。

 
心身の調子を崩さないためには、
やはり食事や睡眠などの生活習慣に気を配ることが必要です。


 
以下が対策となります。一年中適応できるのですが、
特に梅雨時に、ということで、疲れは早めにとるようにしましょう。

 

栄養バランスのとれた食事を


 
特に朝食はしっかりとりましょう。

 
一日の始まりである朝食をしっ かり食べると、
体温が上昇して脳の働きがたかまり、体の中から目 覚めます。

 
動かずにじっとしていること、単一動作の繰り返しが疲労の原因になります。
スポーツで積極的に体を動かして、心地よい汗をかくようにしましょう。

 

面倒がらずに衣服で体温調整を


 
エアコンの効きすぎにも注意が必要です。
特に省エネを心がけましょう。
 
風邪の予防のためにもうがい、手洗いを励行してください。

 



 

食中毒


 
梅雨どきに多くなるのが食中毒です。
食中毒予防の三原則は、食中毒菌を
「付けない、増やさない、殺 す」ということです。


 
家庭でできる食中毒予防6つのポイントという情報が
厚生労働省から出されています。

食品の購入・家庭での保存・下準備・調理・食事・残った食品の
6つのポイントについて注意点が記載されています。

なかなかいいことが書かれてあるのですが、
全部書くと長くなるので、抜 粋しました。


 
食料品は、室温で保存すると細菌が増殖します。
生鮮食品購入後は寄り道せずに、
なるべくはやく冷蔵庫に入れて保管しましょう。

手洗いが最も重要です。
時間が過ぎたものや異臭のするものは思い切って捨てましょう。

まな板や包丁など使用する前に熱湯等で殺菌するよう心がけます。
冷蔵庫は詰めすぎないように。7割程度が目安です。


肉汁や魚の 汁が他の食品につかないよう保管しましょう。
冷凍食品を室温で解凍すると、食中毒菌が増える場合があります。
冷蔵庫か電子レンジで解凍するようにします。
使う分だけ解凍して、解凍が終わったらすぐ調理します。

 
解凍した食品をやっぱり使わないからといって、
冷凍や解凍を繰り返すの は危険です。
冷凍や解凍を繰り返すと食中毒菌が増殖したりする場合もあります。
ちょっとでも怪しいと思ったら、食べずに捨てます。
口に入れるのは、やめましょう。

 

 
以上の食中毒予防のポイントは食中毒菌を
「付けない、増やさない、殺 す」
三原則から成っています。これらのポイントをきちんと行って、
家庭から食中毒をなくしましょう。


 
食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因
と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、
発生する危険性がたくさん潜んでいます。

 
ただ、家庭での発生では症状が軽かったり、
発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと
思われがちで、食中毒 とは気づかれず重症になったり、
死亡する例もあります。

 
食中毒は簡単な予防方法をきちんと守れば予防できます。
もし、お腹が痛くなったり、下痢をしたり、
気持ちが悪くなったりしたら、
受診して相談するようにしましょう。

 



 

スポンサードリンク

 - 体の悩み・体調不良 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

86d87163e8760a76e7600f20a576e5f3_s
熱中症対策と応急処置&予防法をチェック!もしもの事態に備えよう

夏場の時期に特に増えるのが熱中症です。 水を飲んだり適切な対策をしているつもりで …

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
体温が低い原因を把握して対策

人間の体温は36.5度~37度が ベストだと言われており、 35度代になると著し …

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s
口唇ヘルペスの症状を早く治すには

口唇ヘルペスは、 唇の周りに小さな水ぶくれができる病気で、 単純ヘルペスウイルス …

71ad20b9789ca3bb3c7f3b20b83afc89_m
カンピロバクターの感染はどのように広がるのか

カンピロバクターとは 発熱や下痢を起こす細菌であり、 鶏肉やペットを介して感染す …

6023e1fee83c6d052624281309ba9272_s
傷害事故による慰謝料請求について

交通事故に遭ってしまい、 物損だけでなく怪我を負う傷害事故に 発展した場合は、被 …

470993
子供の肺炎の症状の特徴について

肺炎というと 怖いイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。 特に老人は …

9fd852ea5d3d7092d9bfcff1b6761e53_s
梅雨を健康に快適に過ごしたい!だるさとサヨナラする方法

梅雨の時期には、 ジメジメした天候が続き、 気分的にスッキリしないという方が多い …

0b15d834c6f10e70a5096973e5ddb9c3_s
子供でもハゲてきてしまったときの原因と対策

ハゲてきてしまうのは大人に限ったことではなく、 子供であっても起こる場合がありま …

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s
下痢で黒い便が出るのは病気?考えられる原因について紹介

トイレに行って下痢をした際に、 妙に黒い便が出て病気の可能性を疑っている… とい …

460044
眠気は熱中症のしるし?暑いときに眠くなった場合の対策

年々、猛暑日のレベルが 上がっているように感じる夏。 熱中症の注意報も、 おなじ …