情報おまとめサイト

マダニ対策に虫除けスプレーを

      2016/05/16

ハイキングや登山などで山に行くときや
公園などで遊んでいるとき、

農作業や庭作業などで草むらや
藪などに入らなければならないときは
怪我などに注意しなければなりませんが、

虫刺されなどにも注意しなければなりません。

 

スポンサードリンク


危険な虫の代表にスズメバチなどの
毒の強い昆虫がいますが、

ハチなどはある程度の大きさがあり
種類によっては威嚇音などがあるため
事前に察知することができたりするため、

いる場所やいそうな場所には
行かないようにするなど対策ができます。

 

しかし音もなく姿も小さい虫の場合には
事前に気づくこともできずに、
いつの間にか刺されているということがあります。

その中でも危険なものがマダニであり、

マダニを仲介して掛かる感染症があり
吸血の際にさまざまな病原体を
伝播させられてしまいます。


 

そのため草むらや藪などに侵入する場合には
マダニ対策を万全に行い、
マダニに寄生されないようにする必要があります。


予防策としては
・草むらなどに入らない
・長袖長ズボンを着用する
・草の上に直接座らない
・虫除けスプレーを使用する


 

などの方法があります。

草むらなどに入らないことはとても有効であり、

草むらなどの生息している場所に
不必要に近づかないことにより
接触する機会をなくすことができるので、

寄生されることがなくなります。

 

また長袖長ズボンを着用することで
皮膚の露出面を少なくすることができるので、

草むらや藪の中に入っていっても
寄生される確率が少なくなります。

 

そして長袖長ズボンを着用することは、
葉っぱや木の枝やトゲなどから
体を守ることに繋がるため、

すりキズや切り傷などを少なくすることができます。

 

草の上に直接座らないことは
接触する機会を少なくすることで
寄生されないようにするため、

草の上に座るときはレジャーシートなどを
敷いてから座るようにすることで
予防することができます。

 

しかしこのようなことを行なっていても
必ず防げるとは限らないため、

草むらや藪の中に入るときは
これらの方法に加えて虫除けスプレーをかけて
より万全な状態にしましょう。


 

マダニは人間以外にも寄生し、
犬や猫などにも寄生します。

そのため犬や猫と暮らしている人で
外で暮らしている犬や外出させている
猫がいる場合には、

動物用のマダニ対策用の
駆虫薬を利用するようにしましょう。

 

動物用の駆虫薬をつけることにより一定期間は
ダニやノミを寄せ付けないようにしてくれるため、


動物病院などにいき購入するようにしましょう。

スポンサードリンク

 - レジャー , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

115789
効果を得るためにおすすめなウォーキング時間と歩き方

ウォーキングは誰にでも始めやすいお勧めの運動法です。 足に負担がかからないような …

efb0b2833da558032c1f26937137f8be_s
和歌山県のアドベンチャーワールドの平日の攻略方法

和歌山県内の大人気スポットとして 白浜アドベンチャーワールドがあります。 スポン …